イムラ封筒の取り組み CSR

その他の取り組み

再生可能エネルギーの活用

太陽光発電事業への参入(筑波工場、奈良新庄工場)

再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して、工場の屋根部分を活用した太陽光発電事業を行っています。筑波工場に約205kw、奈良新庄工場に約38kwの発電施設を設けており、当社で発電された電気は地域の事業者やご家庭で利用されています。(写真は筑波工場の太陽光パネル)

生物多様性の保全活動

自然保護団体への活動支援(相模原工場)

小山のホタルと自然を守る会(東京都町田市のボランティア団体)と協働で、片所谷戸(かたそやと)の下草刈り作業を実施し、ホタルや絶滅危惧種のホシザクラを守る活動を支援しています。

ソメイヨシノ
ソメイヨシノ

ホシザクラ
ホシザクラ

プレゼントツリー

プレゼントツリーとは、「人生の記念日に樹を植えよう」を合言葉に、森林再生と地域振興につながるプロジェクトです。(企画運営:認定NPO法人環境リレーションズ研究所)
苗木を介して縁のできた中山間地域と交流人口を増やすことにより、森だけでなく地域も元気にしていきます。苗木は1本単位でナンバー管理され、10年間生長を見守られます。
イムラ封筒は、プレゼントツリーを通じて自社用封筒のライフサイクルで発生するCO2を吸収する本数相当の樹を植林しています。
https://www.presenttree.jp/index.htmlopen_in_new

環境教育の取り組み

小学生の工場見学の受け入れ(相模原工場、奈良新庄工場)

地域貢献および教育支援の一環として、地域の小学生の工場見学を受け入れています。